聖書の御神体

アクセスカウンタ

zoom RSS 「神」という訳語の問題点

<<   作成日時 : 2014/09/09 19:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

<「神」はもともと中国語で、人間の霊魂とだいたい等しいような意味をもっていた>(〜『新しい神観の研究』〔星雲社〕72頁)のであり、その点ではGodの訳語としては「上帝」の方がよかったのです。ですから、聖書に啓示された「YHWH(ヤハウェ、ヤハヴェ、その他)= セオス=デウス=God」の訳語として「神」を用いていることには大きな問題があります。私個人にとって、これがいかに不適切なことかと言えば、なにより日本神話の「神」と同じ字であること、そして「神」という名の人間が存在するということです。
しかるに、日本では聖書が啓示する宇宙の唯一の主(あるじ)、すなわち創造主にしてイエス・キリストの父であるおかたを表わす語として「神」が普及してしまっている現状があります。日本語で福音を宣教する上では、この現実を無視することは出来ません。
従って私としてはあくまでも便宜的に、言わば仮称として「神」という訳語を用いているにすぎず、当サイトでもそのような主旨であることを御了解願います。できるだけ「 」付きで<「神」>と表記するつもりですが、「 」が落ちている場合もあり得ます。その場合は「 」付きであると思ってお読み下さい。
タイトルの「聖書の御神体」も本来なら<聖書の御「神」体>とすべきところですが、読みづらいかも知れないと思い、あえて「 」を付けませんでした。閲覧なさる方々には、その点の考慮もお願い致します。

以下は、当方の信仰内容であり、独断と偏見と言われても致し方ありませんが、「独断に耐えなければ、ほんとうの討論などというものもね、人間にはできないです。」(〜滝沢克己)とも云われます。
それで、日本神話の「神」というのは、ギリシャ神話など他の国・民族における神話の「神」と同様、あくまでも人間が作り出した偶像神であり、言わば「虚体」です。これに対して聖書が啓示する「神」は、人類を含む天地万物の造り主であり、現実の歴史上に生きたイエスという一個のユダヤ人の生涯を素材として「神」御自身が物語られたイエス(=「神」から特別に選ばれ聖霊に満たされた唯一の仲介者=神の独子キリスト)が、その生涯を通して示した信仰対象であり、唯一絶対の活ける実在者、「YHWH」という固有の名によって現わされる「実体」です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「神」という訳語の問題点 聖書の御神体/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる